「御英霊(ごえいれい)私達日本人は日本のために尊い命を捧げられた人々の御霊をこう呼んできました。
 幕末開国以来、日本は近代国家となるために幾度かの国事国難を経なければなりませんでした。祖国の繁栄を願いながら、平和の礎となられた御英霊をご祭神として祀るのが靖国神社・護国神社であり、中でも三重県出身者六万三百余柱を祀るのが三重県護国神社です。
 御創祀は明治二年、津藩主藤堂高猷公(とうどうたかゆきこう)が津八幡宮に小祠(しょうし)を建て、戊辰の役(ぼしんのえき)で戦死した藩士の御霊を祀り、「表忠社(ひょうちゅうしゃ)」と称したのが始まりです。
 以来「招魂社」「官祭招魂社」と社名を変え、明治四十二年には現在地に御遷座(ごせんざ)し、昭和十四年に現在の社名「三重県護国神社」となりました。
 しかし、昭和二十年の空襲で本殿・神饌所(しんせんしょ)を残し建物を焼失、また戦後の連合国による占領下においては「三重神社」と改称しなければならない時期もありました。
 昭和二十八年、日本の独立を期に再び「三重県護国神社」とし、同三十二年には、本殿等を新たに御造営復興し、その後数度の改築・新築を行い現在に至っています。

【御神徳】
 ご祭神が日本のために尊い命を捧げられた御英霊であるので、日本そして郷土三重の守り神、平和と繁栄の神様として崇敬されております。
 又、御英霊が願われていたのが、これからの日本を担う幼い子供達の成長であることから、子供の神様として三重県内各地から広く、その崇敬を集めています。
 私達は日々平和で豊かな日本に暮らしていけることを護国の神様に感謝しなければなりません。

< 年 表 >
明治2年11月津八幡宮境内に表忠社として創祀
明治7年3月官祭に列せられる
明治8年10月招魂社と改称
明治34年6月官祭招魂社と改称
明治42年9月現在地に移築遷座
昭和14年4月三重県護国神社と改称
昭和20年7月戦災により諸殿舎炎上
昭和21年12月三重神社と改称
昭和28年11月再び三重県護国神社と改称
昭和32年4月神社本庁別表神社の指定をうける
昭和32年10月戦災復興御造営完成
昭和50年10月昭和天皇皇后両陛下行幸啓
昭和58年3月本殿改修社務所新築完工
平成7年10月終戦50年記念事業・拝殿増設等完工
平成17年10月終戦60年臨時大祭
平成27年10月終戦70年臨時大祭
参集殿・参道改修工事完工